ストゥーパーではオーダーメイドによる猛禽用グローブ、猛禽用フードなどの鷹狩道具の制作&販売のほか、猛禽類による害鳥防除や猛禽類のトレーニングのお手伝いもいたします。

お知らせ

フライトフェスタ2023に参加します


グローブやフードなどの鷹狩り道具をハンメイドで制作しているSTOOPER(ストゥーパー)です。

鷹狩り道具といえば海外で量産された既製品が主流ですが、
サイズやデザインの好みが合わずに残念な思いをされた方も多いかと思います。

僕もそんな風に感じた1人で、
それをきっかけとして自分の気に入った道具を作り始めました。


グローブはお客さまの手のサイズに合わせ、
フードは猛禽のサイズに合わせてそれぞれ型を選び、
快適に使っていただけるようジャストフィットサイズですべて手作りしております。

カラーや柄も気に入ったものを選んでいただけますので、
世界にひとつのあなただけの道具で猛禽ライフを楽しむことができます。
ご希望の方はぜひご相談ください。


当日は会場限定のアウトレット品や、
日本では初展開なる新作グローブも用意しています。

フライトフェスタ当日は、
ストゥーパーブースにて皆さまのご来場をお待ちしております!

※フライトフェスタ午前は
ハヤブサ競技の解説及び選手出場があるため、ハヤブサ競技終了次第ブースをオープンします。
何卒ご了承下さい。

********

https://flight-festa.com/ff23/flightfesta2023_booth-stooper/

ストゥーパー 猛禽用グローブ 『鳳凰』エンジ


STOOPER gold brocade glove “Red Phoenix”.
ストゥーパー金襴グローブ「鳳凰」

本体は武具に使われる最上級の鹿革を黒く染めてもらい、飾りとして人気のある鳳凰柄の金襴をあしらいました。
エンジの鹿革をベースとしたその姿は、
正しく紅き鳳凰。

一針ひとはり手縫いで仕上げており、
鷹を据えた状態になるよう指まわりは自然なカーブを描く立体縫製。
使うごとにファルコナーの手に馴染んでいく、
「フィールドで使うための道具」として作っています。

エガケ(日本の伝統的な鷹狩り用グローブ)


Egake, a traditional Japanese falconry glove🇯🇵

It’s made of high quality deerskin and is entirely hand-stitched by me.

The curve of the fingers following the shape of the hand, made possible by hand stitching, not only makes it easier to grip the jesses, but also to read the hawk’s emotions.

Although simple in appearance, it is truly a glove for hawking.


日本の伝統的な鷹狩りグローブ、エガケ。
良質な鹿革を使用して、
ひと針ひと針全て手縫いで仕上げている🇯🇵

手縫いだからこそ可能な、
指のカーブに沿った立体的な縫製は、
足革を握りやすいのはもちろんのこと、
鷹が何を考えているかその感情をその足から伝わる力で読み取ることができる。

エガケは見た目こそシンプルながら、
正に鷹狩りのためのグローブといえる。

#stooper #エガケ #falconry #falconer #鷹匠 #ハヤブサ #フクロウ #ワシミミズク #オオタカ #鷹狩り #ハリスホーク

ストゥーパー金襴グローブ「鳳凰」 STOOPER glove Phoenix


STOOPER gold brocade glove “Phoenix”.
ストゥーパー金襴グローブ「鳳凰」

本体は武具に使われる最上級の鹿革を黒く染めてもらい、飾りとして人気のある鳳凰柄の金襴をあしらいました。
一針ひとはり手縫いで仕上げており、
鷹を据えた状態になるよう指まわりは自然なカーブを描く立体縫製。
使うごとにファルコナーの手に馴染んでいく、
「フィールドで使うための道具」として作っています。

2023年 新年のご挨拶 STOOPER


新年おめでとうございます。

旧年中は格別のご厚情を賜り、
誠にありがとうございました。
たくさんのお客様からご注文をいただき
ストゥーパーの道具を手に取ってくださり心より感謝申しあげます。

本年も変わらぬお引き立て、
一層のご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。
一緒にファルコンリーを楽しみましょう!

STOOPER falconry equipment

Dubai falcon hospital Dr. Antonio came to STOOPER booth in ADIHEX 2022

Dr. Antonio came to my booth at ADIHEX.
ドバイにあるハヤブサ専用の病院、
ドバイファルコンホスピタルの院長であるAntonio Di Sommaさんがブースに遊びに来てくれた。

僕がアブダビに来る前にドバイのAl Kamda Falconsに寄っていたのをご存じで、
「ドバイに来てたのなら、うちに寄ってくれればよかったじゃないか」と言っていただいた。

確かに行きたいと思いつつ、
予定もパンパンだったり、
何より急に行くのは失礼だよな…くらいに思っていたから、
そのように言っていただき嬉しかった。

それよりもまずはまた妻に行ってもらい、
たくさんのことを学んできて欲しい。
アントニオさんは再訪したいという嫁に対してウェルカムだったから、
そんな日が来ることを楽しみにしている。

ADIHEX 2022 1st day !

The first day of ADIHEX has begun🇦🇪

ADIHEX(アブダビ国際狩猟・乗馬展示会)が始まった。
今回もINPEXグループ/JODCOさまにお招きいただき、素敵なブースを準備していただいた。

11:00〜22:00という長丁場で期間は1週間。
なかなかタフでハードな展示会だが、
それだけ接客のチャンスが長くなるというもの。

誇りと自信を持って作る作品が、
1人でも多くの方の目にとまり、手に取り、
できれば買っていただき、
ファルコンリーに使ってもらえたら嬉しい。

鹿革とハヤブサの羽根のキーホルダー

STOOPER falcon feather key holder
鹿革とハヤブサの羽根のキーホルダー


STOOPER prepare the original falcon feather key holder for ADIHEX 2022

This is made with falcon feather which I gather from my falcons in molting season.

However, these falcon feathers which can be used for key holder are limited,
these are rare key holder ✨

STOOPER also prepared many handmade gloves and hoods for ADIHEX.

I hope to see many guests and look over our works.
Please come to INPEX booth in ADIHEX 2022!
See you soon
-STOOPER Falconry Equipment-

***********

鹿革とハヤブサの羽根の『STOOPER オリジナルキーホルダー』、アラブ アブダビで9月26日より開催されるADIHEX 2022に持っていきます!

前回も海外の方から好評で、初日に売り切れてしまいました。

ハヤブサは年に一回、羽根が生えかわりますが、キーホルダーに使える羽根はごく限られており、年間に作れるキーホルダーの数は限られている、なかなか貴重なキーホルダーです。

ちなみに我が家でも、自動車のキーホルダーとして、使っていますが、なかなか丈夫ですよ

それぞれ1点ものです!

特別にご提供頂いている、ジアセイカーの美しい白い羽根のキーホルダーも、数量限定ですがご用意しました
海外の方にも気に入っていただけたら嬉しいです
(ハイブリッドファルコンの羽根を使用しています)

2022年10月1日の動物感謝デーにも持っていきます。
https://doubutsukansha.jp/2022/

@stooper_falconry #falcon #peregrine #gyrfalcon #falconry #falconer #adihex2022
#stooper #adihex #falconer #falconry #peregrine #owl #harrishawk #ハヤブサ #鷹匠 #オオタカ #ハリスホーク #フクロウ #ワシミミズク #uae #abudhabi #dubai #hawking #emirates #アブダビ #ドバイ #uae #動物感謝デー

狩猟雑誌「全猟」への寄稿『鷹狩りと猟犬』

千葉県動物愛護センターなどに収容された鳥猟犬の命を繋ぐ活動をしているボランティア団体 、
CACI(コンパニオンアニマルクラブ市川)さまとのご縁で、
狩猟雑誌『全猟』に原稿を書かせていただく機会がありました。

大好きな鷹狩りのパートナーであるブリタニースパニエルのハッチと、
鷹狩りのことを書いています。


同じ猟でも 銃猟をする人にとって鷹狩りはなかなか馴染みがないでしょうが、
関心をもっていただけたら嬉しいです。

猟犬の魅力や、猟犬と共に過ごすライフスタイルを紹介することで、
棄てられる猟犬が1頭でも減ることに繋がればと思っています。

このような機会をいただいたCACIさま、
ありがとうございました。

ペル、ありがとう

My great Pere/merlin “Pell” has died.

先日、ペレマーリンのペルが亡くなった。
急に餌食いが悪くなり、肉色が一気に下がり、
リカバリーを試みるも、あっという間だった。
獣医師の嫁の手によって解剖してもらったが、
疑っていたアスペルギルスではなく、肺は綺麗な状態だった。

ただ、解剖を進めるうちに腸のまわりにいくつもの大きな腫瘍を確認し、
恐らくこれがペルの体を蝕んでいた一番の原因と思われた。
いったいいつからこんなものができていたのだろうか?
なんとなく薄々感づいていたペルのパフォーマンスの低下は、
きっとこんなことが影響を及ぼしていたのかもしれない。

ペルが我が家に来て7年、共にフィールドで過ごした。
猛禽屋の藤田さんが輸入し、
ずっと欲しかった憧れのペレマーリンを見に行き、
その中で一番気に入ったのを選ばせてもらったのがペル。

300gほどと小さい体ながらも、
爆発的な羽ばたき、
電光石火なフライトはルアーを振りながらもいつも魅了された。
そんなペルに対してルアーをさばくにはファルコナー側のスキルも求められ、
それによってルアースイングの技術が向上したといっても過言ではない。

フライトフェスタやスカイトライアルなどの競技会にエントリーし、
何度も入賞させてもらった。
会場や動画などでそのフライトを何人もの方に褒めていただき、
自分が褒められるより嬉しかった。
小さいけど凄い飛びをしていたハヤブサがいたな…と時々思い出してくれたら嬉しいです。

ペルは友人の仕上がったハヤブサに追われても逃げ切り生還したり、
その後いくつかのアクシデントからも無事に戻ってきている。
トレーニングしていても安心感、安定感があり、
いつも楽しく飛ばすことができた。

残念なのは、
昨年からチャレンジし始めたタシギ狩り。
今年こそ本格的に…なんて思っていたところ。
まだまだずっと、これからも一緒にフィールドを飛び回れると思ってたのにな…。

そんなペルに教えてもらったことは、
数えきれないくらいたくさんある。
それらを今後も自分の猛禽たちに活かすこと、
それがペルの生きた証になると思っている。

そしていつかまた、
小さいけどパワフルなハヤブサを手に入れ、
ペルと叶えることができなかったその続きにチャレンジしてみたいな。

ペル、ありがとう。

Stooper Falconry Equipment