ストゥーパーではオーダーメイドによるグローブやフードなどの鷹狩道具の制作&販売のほか、猛禽類による害鳥防除や猛禽類のトレーニングのお手伝いもいたします。

STOOPER Dutch hood -Inden- ‘Dragonfly’ (印伝 「トンボ」)

STOOPERダッチフード印伝バージョン。
前進あるのみ…な武士の心意気を表したトンボと、
燃える赤の組み合わせ。


STOOPER Dutch hood -Inden ‘Dragonfly’ –

INDEN is Japanese craftwork designs which are put together with Japanese lacquer (URUSHI) on a deer skin.

This ‘Dragonfly’ were preferred by Japanese feudal warlord for the reason that it can’t fly backwards… meaning
‘Don’t look back ! Just keep moving forward ! ‘

カラーは黒、赤、青、黄、緑、茶、ピンクからお選びください。
ジャスト・フィットするフードを作成する為に、
お求めの際は鳥の「フル・ウエイト、フライング・ウエイト」など詳しいデータをお教えください。
また、受注生産につき、注文をいただいてから1週間ほどお時間をいただきます。ご了承ください。
また、アイ・パネルにパイソンの皮を使ったものや、トップ・ノット部に羽飾りを施したものなど、別途注文に応じます。その際、別料金がかかります。

STOOPERショッピングページ

過去の作品集-hood gallery-

チョウゲンボウ幼鳥の保護・リハビリ


6月初旬の土曜の夜。埼玉で動物病院を開業しているR院長から連絡が。

「チョウゲンボウの幼鳥が脚を骨折して動物病院に運ばれてきたのだけど、鳥は普段診ないし、ましてや猛禽だし…」
とのこと。

小さな猛禽は1日食べないだけで命取りになることもあるし、ましてや巣立ち直後なら、体重が下がっていることが多いため
早めに栄養価の高いものを与える必要があると判断して
まずは翌日、病院まで餌を届けに行くことに。

翌日までの間に色々と調整を試みて

チョウゲンボウ骨折整復手術は保護してくれた動物病院のR先輩(院長)に

骨折が治った後のリハビリは小鷹トレーニングに精通している鷹匠のKさんに

行政との調整は、大動物獣医師で鳥獣保護員かつ鷹匠でもあるO先生にご尽力いただいた。

みなさん、骨折りなことを快く引き受けてくださった。

チョウゲンボウの幼鳥は、相当痩せていたけれど、R院長の適切な麻酔と手術で骨折は治り、様々な手続きを経て、Kさんにリハビリが引き継がれた。

いま、少しずつ野生復帰に向けたトレーニングを進めていただいている。

STOOPERからは、リハビリトレーニングに欠かせない『チョウゲンボウ用フード』をKさんに提供させていただきました(^^

野生猛禽は、単に保護・治療するだけでは野生復帰させられない難しさがある。
それは、狩りができるようにするためのリハビリが必要なことが挙げられる。
それには鷹匠の知識と技術が必要となってくる。

今回は比較的、連携がうまくいったケースと思うけれど、
実際は、連携がうまくいかず、
不適切な管理下で復帰できなくなったり、死んでしまう野生猛禽も少なくない。

野生復帰のためのしっかりとした飼養リハビリをしてくれるファルコナー仲間を増やして
なるべく野生復帰率を上げられればな…と思う。

Wild juvenile kestrel with bone fracture was rescued and brought to the animal clinic of my senior vet.
After the surgery, falconer friend Mr. Kaneko accepted its rehabilitation to back to wildlife.

We held Falconry video screening event ’Visiting old, Learn new about falconry’.

We watched the video about
1. Japanese traditional falconry
2. Hawking the West (Sky Trials in USA)
3. Small falcon hunting
We engaged in frank exchanges of views and
learned a lot.

上映会イベント『Falconry 温故知新』が無事終了しました。
ファルコンリーを初めて間もない方から経験豊富な方まで、色々な方にお集まりいただき、
古流の鷹狩り、アメリカのスカイトライアル、小鷹によるハンティングについて、貴重なビデオをご覧いただきながら、ざっくばらんに意見交換を行い、皆さまに楽しんでいただけたようです。
主催者側の私たちも、改めて気づくことがたくさんあり、たくさんのことを学びました。
第2回目も、希望多数であればやりたいと思っております。
ありがとうございました!

Kazuya Ishikawa (STOOPER Falconry Equipment )
Kazuyuki Kaneko (NFC)

『ファルコンリー温故知新』ファルコンリー映像上映会、開催しました。


先日、鷹狩り映像の上映会、
『ファルコンリー温故知新』が開催されました。
暑い中ご参加いただき、誠にありがとうございます。


今はググればある程度の情報を見つけ出し、
得ることができますよね。
ただ今回の上映会では、ネットには転がっていない映像を見ていただき、
ネットでは聞くことのできないお話を聞いていただけかと思います。

個人的に中高生くらいから集め始めた、
日本の鷹狩りについて書かれた本も持参して展示させてもらいました。
その当時は今のようにインターネットもSNSもない時代です。
どこまで役に立つことかも分からない文章が、
僕にとってはとても貴重だったあの頃。

それこそ、
辞書で「鷹狩り」「鷹匠」とかを引いて、
意味もなくドキドキしてたあの頃。


司会進行がもっと上手になるように精進しますので、
第2回目開催にぜひご期待ください!
ご参加いただき、ありがとうございました!

小さいからって手抜き無し!


友人から依頼された小学校低学年の息子くん用のグローブ。
裾の部分はトンボの印伝で。
大人用のそれと比べると2/3ほどの大きさで作るのは少し大変だけど、
小さいからって手抜き無し!

元々力の無い子供が使うものだからこそ、
握りやすさってのはとても重要だと思う。

早速試しにうちのハリスホースのジャックを据えてみたけど、
とても良い感じ!

ストゥーパーでは子供用はもちろん、
手の小さい女性用、
左利きの方が使う右手用グローブ……などなど。
みなさまのご希望に合わせてお作りします。

STOOPER印伝グローブ(トンボ) 『サムライ・スピリッツ』


STOOPER グローブの中でもとりわけ人気なのがこの印伝『蜻蛉』。
戦国時代には蜻蛉が後ろ向きに飛ばないことから、
退却しない勇敢な心『前進あるのみ!』の生き様を示す「勝ち虫」として、
武将に好まれたのがこのトンボ柄です。

そんなトンボ柄の印伝を、
エンジとベージュ2色のトンボが飛び交うように特別オーダーしました。

特注の印伝につき、3個のみの限定販売です。
次回制作は未定です。
この機会にぜひ!
※残り2個となりました。

本体は「燻し茶」「白」「黒」「紺」「エンジ」「赤」からお選びいただけます。
印伝の縁取りは「黒パイピング」「黒ステッチ」「エンジステッチ」からお選びいただけます。
タッセルは「赤」「紫」からお選びいただけます。

※受注生産につき、注文をいただいてからお時間をいただくことがあります。

https://stooper.shop-pro.jp/?pid=132899915

『ファルコンリー温故知新』ファルコンリー映像上映会のお知らせ

猛禽たちは換羽真っ只中のファルコナーの皆さま、
いかがお過ごしでしょうか?

NFC(日本ファルコナーズクラブ) 金子さんの発案で洋の東西を問わず、
過去の映像を観ながら意見交換をしたり、
単純に楽しんだり…そんな会を開催します。

過去の映像や先人たちの言葉には、
今でも役に立つことや参考になること、
目から鱗なことはたくさんあるでしょう。
ざっくばらんな上映会ですが、
参加された方々が何かのヒントや気づきを得てもらえたら嬉しいです。

金子さん秘蔵コレクションの中から、
お宝映像も上映してもらいます!

ファルコナーも、
これからファルコンリーを始める方・始めたい方も、
猛禽類が好きな方も、
お気軽にご参加ください。

参加希望の方は、
STOOPER石川までメッセンジャー、もしくはEメールにてご連絡をお願いします。

日時:2018年7月21日(土) 10:00~15:00
場所:埼玉県さいたま市西区
※詳細はおってお知らせします
会費:¥2000(※昼食代は別。飲み物やお菓子は会費に含まれます)
主催:NFC(日本ファルコナーズクラブ) 、STOOPER
連絡先:STOOPER石川和也 stooper@hotmail.co.jp

※会場でSTOOPERの物販も行います!

一期一会なSTOOPERファルコンリー・ホイッスル

ランディングネットメーカー『シルキーウッド』さんに
お願いしていたホイッスルが入荷しました。
猛禽を呼び戻す為のコールサインとして笛は必需品ですが、
どんな形状のものを使っても効果に大きな差はないと思っています。




ただ、この笛は職人によるひとつひとつ手作りで、
木の温もりを感じさせる質感と音色、
持っているだけでも幸せな気持ちになります。

また、そのフォルムはホイッスルをつまんだ指先がなじむような形状で、
その細部にまで妥協を許さないこだわりと制作過程には職人の魂を感じることができます。

時々目にする猛禽のロスト情報ですが、
普段からルアーや笛を仕込んでおくと、
捜索や回収の際に大きく役立ちます。

木目はそれぞれ1点もので一期一会。
気に入った木目のものがありましたらお早めに!

お値段は¥3240(税込)、
スマートレターの発送でしたら送料¥180さとせていただきます。

STOOPERのオンラインショップでも販売中です!

トップページ

逆さまつ毛のペル


我が家のパーリンのペルは時々、
逆さまつげになる。
給餌中にペルの表情や仕草から何となく気がついた。

以前気付いたのはフードの内側が湿っていたり、
何となく片目をつぶっていることが増えていたり、
異変を現すサインはいくつもある。


今の換羽の時期はトレーニング期間中と違ってファルコナーの観察力も弱くなりがちだけど、
こんな時期こそ細やかに猛禽を観察することが大切だと思う

眼球に触れている小さな羽毛を毛抜きで抜き、
終了。

STOOPERグローブスタンダード


ストゥーパーグローブの最もベーシックなモデルが、
この『STOOPERグローブスタンダード』。
ちょっと前までは『シンプルグローブ』って製品名でしたが、
形はシンプルでも細部までこだわって手縫いで仕上げているため、
「シンプルってのもなんだかなぁ…」と思い製品名を変えました。

ストゥーパーのグローブといえば印伝や金襴で装飾したものが有名ですが、
このスタンダードの飽きの来ないデザインもなかなか良いものです。

STOOPERグローブスタンダード¥19440(税込)

Stooper Falconry Equipment